ogialone’s blog

主に農業について思うことを

不器用

大学4年次、先生から言われた言葉から実感し始めた。

 

「あなた我が強いよね。自分で気づいてないのが面白いのよ。」

 

我が強い。薄々は感じていたが、言葉にされた時の衝撃は大きかった。

 

そうか。なるほど。

 

これまで、私がコミュニティに所属する度、そこでライバルができた。

 

ライバルといえば聞こえは良いが、実質敵だった。

 

お互いけん制しあい、蹴落としあう、といった方が適切だろう。

少なくとも、私はそうだった。

 

どことなく、実力が似たような人を探しライバルと決めつけ、

内心憎んでいたのかも知らん。

 

今まで、そのライバルのおかげで頑張れた。成長できたと思っていた。

だが、俺のことを一番深く知っている人物Aからある言葉をいただいた。

 

「敵を探している節があるよね。」

 

それと同時に、高校時代ある友人から言われた言葉を思い出した。

 

「なんでもかんでも思いどうりになると思っちゃいけんので。」

 

その時は、深く考えず、何を言ってんだと思った。

 

この言葉が連想し、俺は自身がコミュニティ内でうまくやっていける自信を失った。

 

ただ私は、敵を探しているのではない。

人の悪いとこが良く目につき、その悪い部分が自身に被害を及ぼす時、憎悪が沸くのだろう。

 

また、A曰く、私はそれが態度に出やすいのだという。

確かに、態度を隠そうとはあまり考えたことはないのかも知らんと思った。

それどころか、わざと悪態を示そうとすらしていたのかも知らん。

実際にその経験があるのだ。

 

私は大学時代に、誰かのせいで、被害を被る度に、徹底的にそれに抗おうとした。

それについて、後悔はしていなかった。

むしろ満足感すらあり、その抗ったことはさっぱり忘れていた。

 

だが抗われた人はその事を、永く、はっきりと覚えていた。

 

私はこれまで、自分を深く分析したことがなかった。

 

あの先生の言葉は、自信を分析する良い機会を与えてくれたのかも知らんなどと、良い話で終わらせるきはない。

 

私は、非常に自分の人格について悲観している。

どうしてこの人格が生まれたのだろう。

この人格を矯正する方法はあるのだろうか。

私はどのような振る舞いをコミュニティでとればよいのだろうか。

 

Aは、究極の謙虚を身に着けるべきだという。

 

全て俺の師匠。これは俺が尊敬する人の言葉だ。

このマインドでいこう。Aも納得したこの言葉で。

 

私の人格を形成する大きなマイナスファクターは、吃音だろうか。

私は吃音の為に、すらすら喋ることができない。

そのため、人と喋ることは凄くエネルギーが必要だ。

 

必死に喋ると早口で、テンパったようだ。

喋った後、自身を振り返る度に自己嫌悪に陥る。

 

ゆっくり、落ち着いて自信を持って喋りたい。

 

コンプレックス。理想との乖離。自信の欠如。

 

これを必死に補おう、自分の生き方を無理やり正当化しようと躍起になっていたのかもしらん。

 

自身の未熟さを認めよう。

Aも言っていた。

 

「自分を最低限の人間だと思う事」

これは、卑屈になるという意味ではなく、謙虚になるという事。

 

全ての人を師匠だと思う前に、このマインドを身に浸透させることだろう。

 

ボディランゲージは人を作る。

これは、確かなことだ。

 

どのような人物になりたいか。

それをまず明確にすることが大事だろう。

 

尊敬する人から、ヒントを得よう。

 

Mの太陽のような笑顔。

 

Nのような謙虚さ、努力。優しさ。

 

Yのような怖気づかず堂々としたスマートな振る舞いと気遣い。

 

Aのような言語化能力と今を見る解像度。

 

今は自身の性格のために、新しいコミュニティで精神的に逆境である。

 

この性格を自覚したからこそ、今なおさら辛い時期なのだろう。

R曰くそれは成長痛であるらしい。

 

尊敬する人に近づくこと、それは自身に無理を強いる

ボディランゲージをするという事。

 

これは、非常につらい事だろう。しかし、おれは性格を変えれると信じたい。

自身をこれまで以上に分析できていると信じている。

後は、矯正に力を入れるだけ。

 

この時期を乗り越え、コミュニティを築ける人になりたいのだ。

引っかかること

コロナで体がなまっているだろう?

交流したいんだ。

そこで、

農園の仕事を手伝ってくれる人募集。報酬はなし。

不要な私語禁止。真摯に取り組むべし。

 

私はSNSでこういった情報を目にした。

私は腹が立った。

 

誰がそんな条件で行くんだ。

都合の良い奴隷ではないか。

 

労働の対価は、きちんと与えられるべきだ。

農園での経験のみが対価であるから、私は対価として釣り合わないと感じた。

 

なぜこの情報を目にした時、腹が立ったのか。

一に、私にも報酬のないお手伝いをお願いしていたため。

二に、無償の労働力を得たいという人間の汚い内面が感じられたため。

 

その農園は嗜好性の強い野菜を栽培されている。

コロナの影響でレストラン等から契約が打ち切られたようだ。

 

嗜好性のある野菜は、平時では好まれ需要が期待できるが。

昨今の非常時にはやはり弱いのだ。

 

このような状況下で、汚い内面が垣間見える手伝いをお願いされた時

人は助けたいとおもうだろうか。

 

嗜好性が強い野菜のみを育てているのだから

人が助けて上げたいと思うような農園でなければ、

この先生き残れないだろうに。

 

私が尊敬する先輩は、この農園のオーナーを師匠と呼んでいる。

私はその師匠に多少の失望をしたのだ。

 

 

私はリスクをとれるのか

 

 

「極論、地元のトマト農家はわしだけで良いと思っとる」

 

地元一の大規模施設園芸法人の社長が今日言った言葉だ。

私はこの社長を昔から知っている。小さな町なので、娘さんのことも知っている。

 

とにかく、

実際に話をしてみると、私は純粋にこの方の行動力と表裏のない強気な性格に驚かされた。

のどかな田舎で大きくリスクを取り事業を軌道に乗せたのだ。

私にそのようなリスクを取る行動力があるのだろうか。

 

前提として、別にリスクを取る必要はない。

しかし、私はただ農作物を育てる為に農業をすると決めたわけではない。

 

私は大学で、農業を通じて人を幸福にし、幸福に包まれ、しっかり稼ぎ、

農業が持つ役割を広げ、環境や人に貢献したい。田舎に憧れを持つ人のロールモデルとなり、小さな田舎に若い人を呼びたい。

 

そう思ったんだろ。

 

そうでなければ、実家を継ごうとは思わなかった。

 

 

不安で立ち止まりそうな時、高校生活最後に

ある後輩から言われた言葉を思い出す。

 

「シロクマムシのようなタフさで頑張ってください」

 

何度助けられたか。

あの時の相棒の言葉はいつも心の中にいる。

 

小さな事から、こつこつとリスクを取っていこう。何をこつこつするのかも、正しいリスクの取り方もわかっていない青二才は今日も明日も、勉強し行動するしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内補完研修のメリットとは

国内補完研修をすることになった。

研修候補先に電話をした所、研修期間が定まっていないという事を詰められ面食らってしまったが、地元の者だと知らせると、すんなり受け入れてくれた。ありがたい。

 

私も研修期間が定まっていないのに、実習させてくださいとは無理があるだろうと思っていた。多少、話が長くなっても事情を先に説明すべきだったのかも知らん。

まあ、親のおかげで助かったのだ。

 

しかし、雇用契約が結べないので、バイトとは違い働いた分だけ給料が発生するわけではない。ほぼ給付金に頼った生活になるという事だ。手当は月に12-13万程度だ。時給700-800円だとすると、国からの給付金がバイト代のようなものだ。

 

本来、海外での農業研修期間は一年間であったが渡航が延期になる関係で、研修期間が短くなる可能性が高いそうだ。

 

そうなると、どうなんだろうか。

わざわざリスクを背負い、国から給付金を頂いたが、本当にリスクに見合う程の給付金なのか。

 

欧州で研修を行う場合、研修農家から実習手当がでることになっている。およそ5-7万程度だったと思う。

国内補完研修先では実習手当はでないだろう。

海外での研修期間が少なくなれば、支出も減るという事ならば良いが。。

仮に、一年間きっちり海外農業研修を行うとなった場合、給付金を頂く期間が長くなるとは思えない。

 

この先の見通しの立たない状況で、2ヶ月後に海外農業研修が可能だとして国内補完研修のメリットを考えたい。

 

1.語学学習の期間が延びる

語学学習の期間が延びることで、現地に行った際に今よりもよりスムーズな対応ができ、高い研修効果を得られる。

 

2.実務経験を積む事ができる

私は農家に生まれたが、実務経験に乏しい。

大学受験し、大学に進学していたためだ。

海外研修先で実務経験不足により、より一層苦労をしていただろう。また、国内補完研修先の施設は、フェンロー型ハウスであることから、海外研修先の作業に近い実務経験を積む事ができると期待できる。特に収穫作業を行う事ができ、習熟することができれば最高だ。

 

3.国内補完研修先が実家から近い

この国内研修先でなかったら、別の地方で宿を借り実習を行っていたであろうから余計出費が大きくなったはずだ。この点が大変助かるポイントだろう。

 

4.国内研修先で海外農場研修先に派遣された際のシミュレーションができる

報連相の実施やコミュニケーションの取り方など様々なことをシミュレーションでき鍛えておくことで、実際海外農場へ派遣された際の立ち振る舞いもよりよくなるだろう。

 

5.実家の経営状態も知ることができる

国内研修先へは実家を起点に行動するため、土日などを用いて実家の経営状態を把握することができる。

 

大学の先生と、給付金面接の審査員に「国内の農業をもっと知ったほうが良い」と言われたことを思い出した。まあ、今の私はそれくらい実務経験がなく、日本の施設園芸の事も知らない青2才の餓鬼なのだ。まだ、若いんだ。頑張っていこう。

 

渡航延期期間中の国内研修を海外農業研修でのより多くを学ぶための準備期間にしたいと思う。

国内研修について

研修が延期になる可能性が高い。

 

正直ほっとしている。

しかし、延期になるとは考えていなかった。

中止か研修強行かのいずれになるだろうと思っていた。

 

中止という最悪のケースしか想定していなかった。

日頃、如何に自分がシンプルなケースしか想定していないのか痛感した。

想定の甘さだな。。

 

延期の場合、私は国から交付金を頂く予定なので

欧州研修までの間、国内で補完研修を受ける必要があるという。

 

国内で研修を行うにあたり、就農ビジョンと一致した研修先が必要らしい。

私の就農ビジョンと一致した研修先とかあるのか。。

ま、どのような農家であれば私の就農ビジョンと一致しているのか考えて行こうと思う。

 

1.トマトを栽培している

将来施設園芸のトマト農家になると決めて、欧州の施設園芸農家に研修へ行くと決めたのだから、これは絶対条件だ。

 

2.エネルギー消費が少なく環境を考慮した経営を行っている

私自身、農業が引き起こす環境問題について学んでいたことから、

高い環境意識と作物生産性兼ねた農業経営を目指したい。

(窒素やリンの流亡防止、水資源の節約、フードロス、マイレージetc..)

 

3.夏秋トマト栽培を行っている

地元の気候が夏秋栽培に適しているからだ。

可能であれば夏秋栽培が良い。

 

4.独自の販路を築いている農家

単純に独自の販路を築いている農家は強い。

独自の販路を構築している農家は販売希望価格を独自で決めることができる。

JAに出荷物を出荷する場合、需要と供給の関係でトマトの値段は変動するため、安定した経営を行うのが難しい。

独自の販路を構築することは難しい事ではあるが、将来的には独自の販路を築きたいと考えている。そういった意味で独自の販路を築いている生産農家の元で研修したいと考えている。

 

5.食育にも力を入れている

食育とは単純に食に関する知識を教え育むことである。

食育に力を入れていると書いたが、それは私が研修計画書に"食育に力を入れたい"と

書いたためだ。別に食育に力を入れていなくても良い。もちろん消費者とふれあい機会は大切だ。

私はただ、作物生産だけが農業者の仕事ではないという信念を持つ方の元で研修を行いたい。長くなりそうなので、深くは述べない。

 

6.しっかりと休暇を取っている

農業はやり方次第で休暇が得られ、やりがいがあり、稼げるということを示し、農業に対する負のイメージを払拭したい。その手本となる農家を私は知りたい。

 

ここまで考えを述べてきたが、研修先の農業形態についても考える必要がある。

農業形態について、大きく二つに分けるとすれば企業経営と家族経営の2種類だろう。

研修先について考えた時、受け入れてくれる可能性が高いのは企業的な経営をしている農家だろう。

 

私の理想としては、企業経営過ぎず、家族経営過ぎない農家と言ったところだろうか。

特に私の住んでいる中山間地域の農家は、まとまった耕地面積の確保が難しく、たいてい0~30a程度の小さなハウスが分散している。このような条件下で、ハウス毎に環境制御用の装置を導入にするのは、設備コストが大きくなり、費用対効果もすくないと考えられる。

現時点で、このような土地で法人化し、人を何十人も雇う様な企業経営は想像ができない。というか、良いアイデアがまだ浮かんでいない。

それよりも、企業経営よりの家族経営、パートを3,4人雇っている程度の経営は、就農後のビジョンとしてイメージがしやすく現実的である。

 

とにかく、以上の希望になるべく沿った研修先を探さなければならない。

というか、私自身、国内のトマト農家を良く知っているわけではないので、

海外研修を仲介する協会が良いところを紹介してれないかな~。

農業研修について思うこと

私は農業研修に行く予定がある。が、行き先が問題だ。

連日、欧州での新型ウイルス感染拡大の報道が流れている。

 

その欧州にいく予定なのだ。

 

正直に言えば、コロナなにやってくれてんだと

思うわけだ。

 

欧州で研修する依然に、生活する事自体が難しいだろう。

欧州の個人の権利を重んじる文化も相まって日本以上に、買い占めもひどい。

コロナの発生地が中国なので、アジア人への風当たりも強い。

 

そんな生活基盤も安定せず、精神衛生上も悪いと想定される環境で

研修に力を注げるだろうか。

 

欧州各国の国境閉鎖、空港閉鎖、イベント中止により楽しみも少ないだろうし、

正直、農業研修に対するモチベの低下が甚だしい。

 

農業研修へ行かなければ良いと思うかも知らんが、

研修支援金を国から頂く予定なので、中止しますとは言えないうえ、

これまで、先生には農業研修に必要な書類作成に関し大変お世話になった。

 

農業研修自体が中止になった場合は、振り込み済みのお金と支援金の関係で多方面と揉めそうだな。

 

このまま中止にならなければ、農業研修へ行く。そこで

この欧州情勢で、欧州にいき研修を行うメリットはなんだろうかと考えてみることにする。

ちなみに、私の研修先はオランダね。

 

1.オランダと深く関わることができる

国境が閉鎖し欧州各国間の行き来が難しくなったとしたら、その間はオランダにいる事になる。オランダの伝統、文化、民族性を深く知る事になるだろう。

ま、自分の行動したいだが。

 

2.行動が制限される分、やるべき事に力を注ぐ事ができる

行動が制限される中で、行う事と言えば

・生活基盤の安定化

・研修

・農業視察

・語学学習

そもそも私は、オランダの施設園芸を学びたいので、

最低限の目標は達成できそう。ま、これも自b

 

3.差別について考えることができる

私は日本に住んでいるので、人種差別を体験したことはない。

もちろん日本に差別はある。私も無意識の内に差別をしていると思う。

 

ただ、人種差別はしたことがないし、された体験がない。

無意識に、人種差別をしたことがあるのだろうけど。

されたことはあるが、気づいてないだけだろうけど。

 

そのため、人種差別というものをはっきりと感じたことはない。

 

欧州人を悪く言うつもりはないが、全ての欧州人が差別をしないとは思わない。

今の世界情勢では、人種差別される可能性が大きいだろう。

 

差別される経験は自分の価値観を良い方向へ変えてくれるのかも知らん。

心のどこかで、人種差別されることを望んでいるような気がする。

無意識に心の弱さを晒したくないと思っているのか。

または、その経験が自分を成長させると信じているのか。

 

4.自信に繋がる

疲れたので、まとめる。

欧州の情勢が非常に厳しい中、欧州に入り研修を行うという行為は厳しいものだろうが、それを乗り越えた時必ず自信に繋がるだろう。

まあ、それは稀少な時期に研修に行けたと加点方式に考えるしかないと思う。

誰かが言っていた"終わった事は良い経験をしたと思うしかない"と。本当のその通りだと思う。

 

私の往く先は、世界の情勢に依る。

最良の選択肢はない。選択肢の正しさは定量化できるものではない。

どちらの選択肢を選ぶかは自分に依るが、それ以前に今の私に選択肢はないけどね。

 

メリットについて考えて思ったけど、何事も結局自分に依るね。

 

 

 

 

 

 

田舎に帰って感じること

およそ一週間前に地元に帰ってきた。

今の私は、大学を殆ど卒業したようなもので、3月末から一年間よそで農業研修を行う予定。

 

タイトル通り、私の住んでいる地元は田舎だ。

中学時代、全学年の人数は60-70程度だった。

 

特に、田舎に帰ってきて感じることと言えば、

 

とにかく穏やかで時間の流れがはやい

昔、実家の周りを散歩しているとこのまま飼い殺されるのではと感じる事があった。

つまり、このままあっとう間に、刺激なく人生を終えてしまうのではないかと感じた。

 

だが、それが嫌いなわけではない。

大学で研究に頭を悩ませている時、ホントに地元に帰りたかった。

あの、喧噪も何もない地元が本当に懐かしく、戻りたかった。

 

いつも地元から大学に戻る時は、大学が戦場に見えた。

それくらい、穏やかである。

 

田舎は、一言で言えば、緊迫感のないストレスフリーな環境である。

が、一般に程良いストレスがかかる環境こそ自分を成長させると言われており、私もそうだと思う。

 

故に、田舎で何か目標や目的を持ちそれをやり遂げようとするには、

自己規律自己管理力が必要なのだと思う。

 

自分を管理方法は多々あると思う。言葉でいうのは簡単。。

(ルーティン、コミュニティへの参加、減点方式etc..)

 

平穏な環境で自分を律し、人の幸せを産む仕事ができればいいね。

ま、難しいけど、楽しそうやね。